ピッチャが気を付けなければならないけがは?

全てのピッチャーがアイシングを必要とするのか?

 

最近は学童野球からプロまで、野球を見ていると観ていると、投げ終わったピッチャーが「アイシング」をしているのを見るのが普通の光景となりました。 
 
多くの投手がやっているものではありますが、実は必ず必要というわけではないという意見もあります。

 

 

例えば、49歳まで現役を続けていた山本昌さんは、現役時代にアイシングをしないことで知られております。ただ、それには深い理由があるわけではないようで、ご本人は「何となくしない」と答えております。でもそれで49歳まで現役を続け、数々の最年長記録を塗り替えました。アイシングが必ず肩のケアに必要というわけではないことを証明したことになります。

 

 

また、私が効いた限りでもすべてのプロのピッチャーがアイシングをしているわけではありません。

 

 

じゃあどうやって対処していたのでしょうか。走れる時に走ること、そしておかしいと思ったら早めに処置をすること、実はたったこれだけです。下半身を鍛えること、そして異変を察知する能力、これが一番投手にとって必要なことなのかもしれません。

 

そもそも何故アイシングをするのでしょうか?

 

これは、投げ終わった後というのは、ひじや肩の筋肉は軽く炎症している状態になります。
また、酷使することで、ひじや肩に乳酸がたまります。その炎症が全体に広がらないように、そしてたまった乳酸を流すために、素早く冷やしてケアをするというのが目的なのです。

 

 

ただ、中にはアイシングが合わないという人もいらっしゃいます。筋肉を冷やしてしまうことで、筋肉が固まってしまい、怪我をしやすくなることもあります。普段は柔らかく、力を入れたら固くなるのがいい筋肉と言われております。しかし、アイシングをすることで、普段から固くなってしまうこともあるのです。

 

長くスポーツ業界では、患部へのアイシングは必須とされてきておりました。確かにスポーツ医学、あるいは科学的な見地から、効果があることは間違いありません。しかし中にはアイシングが合わない人もいる、というのが現実です。

 

大事なことは、そうした常識にとらわれないことです。

 

「みんながしているから、何となくする」というのではなく、なぜアイシングをする必要があるのか、しっかりと把握した上で行いましょう。そうすれば、自分にとって必要なのか、そうではないのかの切り分けをすることができるのです。

 

少年野球用 アイシング用品セット【お得なスペシャルプライスセット!】肩、ひじ(左右兼用) アイシングサポーター コールドラップJr

9650円

【あす楽対応】野球用品 ミズノ(MIZUNO) 【2ZA2500】 アイシングサポーター(肩用) ※アイスマット・アイシングバッグ別売 【25%OFF】 16SS

6075円

ZAMST(ザムスト) IW-2アイシングセット 肩用 378302

5863円

MIZUNO(ミズノ) ジュニア用アイシングサポーター (肩用) 2ZA2400

4283円

 

 


ピッチャに多い身体のトラブル記事一覧

野球をするにあたって、注意しなくてはいけないことがあります。スポーツは体の色々なところを痛めることがあります。野球は、肘...

野球において股関節が柔らかいと、バッティングでの腰の回転の速さやピッチングにおいてステップ動作に影響を与えます。ステップ...

野球において、肩の可動域が大きいことは、例えば投手の場合、柔軟性や瞬発力につながり、しなった腕の振りが可能になり、球速も...

ポジション別に見た野球で消費するエネルギーにおいて、どのポジションが一番消費するかご存知でしょうか。実は投手が一番エネル...

ピッチャーはさまざまな筋肉を使います。特に肩周りの筋肉は大切です。腕をムチのようにしならせて球速を出すために、腕と肩周り...

野球は体を総合的に使うスポーツです。走る、投げる、打つという動作は体のあらゆる筋肉、関節を使わないとできません。よく聞く...

ピッチャー人は、オフシーズンにはきちんと休みながらも、来シーズンを見据えて、それに合わせた練習を考えなければなりません。...

ピッチャーの肩周りのストレッチはかかせません。野球選手の多くが、野球で必要な可動域の維持と改善に役立てるため、ウォームア...