KVA動体視力と野球の関係は?

動体視力KVAとバッテイングの関係は?

 

動いている物体を判断する動体視力は、物体がどのように動いているかによっていくつかの種類に分類することができます。
 
例えば、物体が横方向や上下に素早く動くのを瞬時に判断するDVA動体視力というのもあれば、物体が前後方向に動くのを判断する
KVA動体視力というものもあります。

 

スポーツによって、どちらの能力がより求められるかは異なりますが、野球の場合には前後に素早く動くボールを瞬時に判断するKVA動体視力がとても大切と言われています。他にも、バドミントンや卓球、テニスなどは遠方から近くに迫ってくる前後方向の動きを見極める能力が必要になるスポーツです。

 

実際に物体が動いていないので正確かは分かりませんが、こんなトレーニングもありますから、遊びのつもりでKVAのトレーニングをしてみてください。
KVAトレーニング

 

KVA動体視力を鍛えることによって、選手はパフォーマンスを確実に向上させることができます。

 

例えばバッターボックスに入る時には、ピッチャーの手元から放たれるボールは素早い前後方向の動きをしているわけで、一般の人にとってはボールの位置がまったくわからないままストライクになってしまうような速さのボールを正確に判断できるようになりますから、打率が確実に良くなることは言うまでもありません。

 

また、野手の場合にも、バッターが打ったボールの動きを把握して軌跡を予想できるようになり、ボールをより高い確率でキャッチできるようになります。

 

この動体視力は、生まれ持っての才能という面に加えて、トレーニングで後天的に鍛えることができるのが特徴です。

 

つまり、アスリートにとっては、運動神経や身長、スピードなど生まれ持っての才能に限界を感じる要素が多い中、動体視力はトレーニング次第で向上できますし、パフォーマンスや成績が確実に良くなるのですから、普段の生活の中でぜひ鍛えたい能力と言えるのではないでしょうか。

 

トレーニング方法にはいろいろありますが、動体視力を鍛えることができるトレーニング用メガネを練習時に着用するのも良いですし、イチロー選手のように、バッティングセンターでスピードボールを打つ練習をするというのも効果的です。
今話題の動体視力の鍛え方