ファンであるロッテマリーンズの紹介

ファンであるロッテマリーンズに関して!

 

千葉ロッテマリーンズは幕張のQVCマリンフィールドを本拠地に構える、プロ野球パシフィックリ千葉ロッテマーリンズは千葉県千葉市美浜区にあるQVCマリンフィールドを本拠地とするプロ野球球団です。

 

その歴史は古く、現在の名前になるまで何度も球団名を変更してきました。

 

 

 

元々は毎日新聞社を親会社とする球団で、毎日オリオンズと呼ばれていました。

 

1950年から正式にパ・リーグに参戦し始め、活動一年目にして日本シリーズ初優勝を果たしました。

 

しかしその後成績はいまいち振るわず、1957年に大映ユニオンズと合併し「毎日大映オリオンズ」に改称することになりました。

 

その後は毎日大映ユニオンズとしてパ・リーグで活躍しますが思った以上に戦績は伸びず、1960年をもって毎日新聞は社は経営から事実上撤退、球団を「東京オリオンズ」に改称しました。

 

当時東京内の球団に「東京」の名を冠している球団はなく、東京を本拠地とする球団の中でも地域密着型の球団として東京を代表とするチームであるという願いを込め「東京オリオンズ」と名付けられました。

 

1960年には優勝を果たすものの、その後チームは7年連続Bクラスとなり、戦績が低迷してしまいます。

 

その原因は主力選手をトレードで出してしまったせいだと言われています。
1969年、東京オリオンズはロッテをスポンサーに迎えて球団名を「ロッテオリオンズ」に改称し、1970年には10年振りに3回目のリーグ優勝を果たしました。

 

1971年にロッテが正式に球団を買収して親会社となり、以来40年にわたってロッテは球団を保持し続けていて、これはパ・リーグ最長記録となります。
しかし1972年に経営の悪化により東京球場が閉鎖され、ロッテオリオンズは本拠地を失いました。

 

その後しばらく本拠地を持たないまま、宮城県仙台市の県営宮城球場や川崎球場、ロッテ浦和球場などを転々としていましたが、1991年にようやく現在の千葉県千葉市美浜区に専用球場である千葉マリンスタジアムを建設。

 

移転に伴い新しい球団名が一般公募により決められ、現在の「千葉ロッテマーリンズ」になりました。

 

以後2010年に千葉マリンスタジアムがQVCジャパンが命名権を得たことによって「QVCマリンフィールド」に改称したものの、翌年の2011年に東日本大震災が起こったため周辺が液状化し、この年のオープン戦は残念ながら全て中止になりました。

 

それでもその後は好成績を残し、千葉ロッテマーリンズは今もファンの応援に支えられ、新たな歴史を刻み続けています。