野球のピッチャーに大切な筋トレでのポイント

 

野球のピッチャーとして、今よりもっと上達したいけれど、どうしたらいいかわからないときは、ポイントを押さえながら筋トレを行うことが大切です。

 

たとえば球の速度をアップさせたいなら、ハムストリング、大臀筋(だいでんきん)、中臀筋(ちゅうでんきん)を強くするようにしてください。

 

ハムストリングスが強くなると、ステップから着地させた足を、プレート側にプルバックさせられるので、体幹の回転や腕の振りが鋭くなりますし、球威も球速も大幅にアップさせられます。
ピッチャーの場合は、レッグレイズが大きくなり、効率的に位置エネルギーを使えるようになるのでおすすめです。

 

またピッチャーに多い問題点は、内転筋と大腿筋のバランスが悪く、脚のアライメントが崩れていることですが、それでは上半身に頼る投げ方になって、球威が出なくなり、肩や肘を壊すことになります。

 

内転筋を強化すれば、今より広いステップでボールを投げられますから、高めにボールが抜けにくくなりますし、伸びのある強いボールを低めに投げられるようになります。

 

一番簡単なやり方はワイドスクワットです、足幅を開いてつま先の角度は斜め45度、で内転筋を意識しながら行ってください。このとき一番注意するのは
意識を内転筋に持っていくことです。

 

三角筋を鍛える方も多いですが、やりすぎると球速がダウンするので注意が必要です。

 

三角筋だけが鍛えられていると、肩の可動域が狭まり、球速が落ちるので、肩の筋トレはインナーマッスルを中心に行うようにしてください。
そうすると球速も上がり、故障に強い体になるので、バランス良く鍛えようにしましょう。

 

トレーニング後は、アミノ酸、プロテインを飲む前にまず、シャドーピッチングや素振りで、筋肉を馴染ませた方がよいでしょう。

 

そうしないと可動域が狭まり、故障に繋がるので、新たに作られた筋肉を野球の動きに馴染ませるためにも、シャドーなどを行うようにしましょう。

 

 

野球で今よりも上達したいなら、回数を増やして食事をした方が、栄養を吸収しやすいので、1日6回に分けた方がよいですね。

 

中学生、高校生にはドカ食いの癖がついているのでなかなか習慣を変えるのは難しいと思いますが1回の量は少なく、回数は多くで覚えておいてください。
 

 

1日のカロリーの合計ばかり気にしている人もありますが、一回に多くの食事をとっても筋肉に必要な量は変わらず、吸収した余分なエネルギーは全て脂肪として蓄積されるの意味がありません。

 

また休養日であろうと、筋肉の回復や発達は行われているので、プロテインは毎日摂取するようにし、筋トレ日しか飲まない人は改めるようにしてください。しかし、毎食摂る必要はありません。

 

アミノ酸はトレーニング前後の空腹時、疲労がたまった時の夜寝る前、等が一番効果のある時間帯です。

 

筋トレ前もしっかり栄養をとらないと、筋トレ中に筋肉がどんどん分解されるので、それを防ぎたいなら、適度に栄養補給するようにしましょう。

 

 


野球ピッチャー上達革命〜コントロールを良くする練習法〜【元・埼玉西武ライオンズ1軍投手 三井浩二 監修】DVD2枚組

 


関連ページ

ピッチャー専用の筋トレなんてあるのか?
野球を真剣にプレーしている野球人のサイトです。投手は筋力、バランス、柔軟性が高い次元でバランスが取れていないとできないポジションです。その中で、ここでは筋力トレーニングに関して解説します。
ピッチャーのコントロールがよくなる筋トレ!
野球を真剣にプレーしている野球少年、それを支えている人のサイトです。このカテゴリーはピッチャーの筋力トレーニングのかなでコントロールに役立つ筋トレを特集していきます。
球速を高めるには広背筋と下半身の筋肉のバランス
野球を真剣にプレーしている野球少年、それを支えている人のサイトです。このカテゴリーはピッチャーの筋力トレーニングの中で、スピードを上げるにはどのようなトレーニングが最適なのかを解説します
ピッチャーの球速アップのトレーニング(上半身編
野球を真剣にプレーしている野球少年、それを支えている人のサイトです。このカテゴリーはピッチャーの球速アップの筋力トレーニングはどのようなことを行えば良いのか解説していきます。ピッチャーは筋力、柔軟性、バランス感覚がないとできないポジションです。
投手の投げる力を鍛えるトレーニングは?
野球を真剣にプレーしている野球少年、それを支えている人のサイトです。このカテゴリーはピッチャーの上半身、投げる力を強化するトレーニングを紹介したいと思います。
ピッチャーの肩を強くするトレーニング
野球を真剣にプレーしている野球少年、それを支えている人のサイトです。このカテゴリーはピッチャーの肩を鍛える筋力トレーニングの方法を説明していきます。
強肩を作る手首とインナーマッスルのトレーニング
野球を真剣にプレーしている野球少年、それを支えている人のサイトです。肩が強いという事はピッチャー、キャッチャーだけでなく、どこのポジションにも役立つものです!!でも、肩の強さはどこできまるんでしょう?
ピッチャーのためのチューブを使ったトレーニング
野球を真剣にプレーしている野球少年、それを支えている人のサイトです。このカテゴリーはピッチャーのチューブトレーニングを紹介します。ウエイトトレーニングも大事ですが、チューブをうまく使うととても良いトレーニングになります。
ピッチャーの肩を作るおすすめトレーニング
野球を真剣にプレーしている野球少年、それを支えている人のサイトです。このカテゴリーはピッチャーの筋力トレーニングの中で、地肩をつくるおすすめのトレーニングを説明いたします。
強肩になるには全身の総合的な筋トレを!
野球を真剣にプレーしている野球少年、それを支えている人のサイトです。トレーニンググッツ、野球教室、野球教材を紹介していきます。肩の強さは素質もありますがトレーニングで強くすることもできます。
ピッチャーの柔軟性を高めるトレーニング
野球を真剣にプレーしている野球少年、それを支えている人のサイトです。このカテゴリーはピッチャーの筋力トレーニングですが、柔軟性を高めながらどのようにトレーニングを進めて行くかの説明です
ピッチャーの体幹を鍛えるトレーニング
野球を真剣にプレーしている野球少年、それを支えている人のサイトです。このカテゴリーはピッチャーの筋力トレーニングはどのようなことを行えば良いのか解説していきます。ピッチャーは筋力、柔軟性、バランス感覚がないとできないポジションです。
ピッチャーのインナーマッスルトレーニング法
野球を真剣にプレーしている野球少年、それを支えている人のサイトです。このカテゴリーはピッチャーのインナーマッスル・トレーニングの方法を解説していきます。
ピッチャーの球速に必要な筋肉は?
野球を真剣にプレーしている野球少年、それを支えている人のサイトです。このカテゴリーはピッチャーの球速に関係ある筋肉に関して解説してい行きます。
ピッチャーが球速を上げるには?あ
野球を真剣にプレーしている野球少年、それを支えている人のサイトです。このカテゴリーはピッチャーの筋力トレーニングはどのようなことを行えば良いのか解説していきます。ここではピッチャーが球速を上げる方法を解説します。