ピッチャーのための筋力トレーニング!記事一覧

ピッチャーは、野球の花形と言っても過言ではない存在です。野球を志す多くの人が最初に目指す確率が高いポジションでもあります。ピッチャーが行う筋トレで注意するポイントは「オーバーワーク」です。一般的に「負荷のかけすぎ」の事をオーバーワークと言いますが、ここではそれ以外にも「筋肉の付け過ぎ」の事を指します。筋トレの目的は筋肉の肥大化が含まれ得ていることは確かなのですが、状況に合わせて筋肉を鍛えていかなけ...

コントロールがいいピッチャーになるために必要な事は、安定した筋力を身につけるということです。正しいコントロールを身に付けるためには、手先だけで調整するような投げ方は良くありません。体全体を使って、全身の筋肉でコントロールする投げ方を習得する必要があります。プロ野球のピッチャーを見ればわかるように、決して球が速いだけのピッチャーが活躍できるわけではありません。もちろん球速が速いというのは大きな武器に...

ピッチャーの球速を早くするためには、筋肉を増やすことと、神経系を鍛えることが必要になります。ある程度の筋肉の量が無ければ、球速を上げることはできません。また筋肉を増やしただけでは、その筋肉を出力を発揮するためには不十分です。増やした筋肉を上手く使うためには、神経系のトレーニングが必要となるのです。ピッチャーの投球において必要な筋肉は、大きく分けて上半身と下半身に分かれます。投球では主に広背筋を鍛え...

球速を上げる!ピッチャーにおすすめの筋トレ野球において最も大切な動作は投げるという動作です。特にピッチャーの場合にはこの投げる力がその人の野球の実力を左右します。変化球の技術、コントロールも大切なことですが、ピッチャーとして何より魅力的なのは球速が速いことです。ここではこの球速を上げるために必要な筋トレの方法について解説します。投げるという動作に最も深く関わっているのは上腕三頭筋です。これは上腕三...

野球の動作において最も重要な動作はボールを投げる動作です。特にピッチャーの場合にはこの投げる力こそが野球の成績に直結します。ここではどのような筋トレを行うことによってその力を高めることができるのかを解説します。まず野球の投球動作において重要と言われているのが肩のインナーマッスルです。投球動作において肩のインナーマッスルは肩甲下筋、棘上筋、棘下筋、小円筋の4種類が挙げられます。この4種類のインナーマ...

野球のに必要な筋肉は、守備なら肩を、バッターなら下半身を鍛えると思われがちですが、一部分鍛えても意味がないのです。早く投げられるようになりたい、早く投げるには肩を強くするなど思っている人も多いです。ピッチャーは、肩を強くする筋トレで早く投げられるわけではないのです。野球は全体を使って投げます。筋トレをすることによって、怪我のリスクが減り、球速もアップします。体を鍛えることで、球は速くなっていくので...

プロ野球などを見ていると分かりますが、強肩と呼ばれる選手は、必ずしも肩の筋肉が大きくてボディービルダーみたいではありませんむしろ、身体が大きい外国人選手などが、外野からバックホームをすると意外にも大したことなかったりしますよね!!。実は肩の筋肉の大きさは野球の強肩とは直接的な関係は少ないようです。どうして手首のトレーニングが強肩選手をつくるのでしょうか?投球動作の時には主に4カ所の筋肉を使っており...

ピッチャーの筋トレ方法として有名な物の一つがゴムチューブを使った方法です。筋トレと言うと腕立てとか腹筋、さらに重いダンベルなどを利用する方がより筋肉を鍛える事ができるのではないかと思われがちですが、ピッチャーに必要な柔軟性を保ちながら筋力も向上させるのは簡単ではありません。インナーマッスルを鍛えたいと思ったら、そういった負荷が強い物にしてしまうと、アウターマッスルが選択的に働いてしまうのでインナー...

ピッチャーは野球の試合の中で最もタフなポジションです。肩周りのトレーニングを行い、パフォーマンスの向上と事前に怪我を防ぐことを目的とします。ピッチャーが肩周りの筋トレを行う際、重量のある物を使うというよりは、軽量のダンベルやあるいはゴムチューブのような負荷の少ない道具を使ったインナーマッスルのトレーニングがメインとなります。さて、このインナーマッスル、野球経験者なら一度は聞いたことがあるかもしれま...

野球のピッチャーとして、今よりもっと上達したいけれど、どうしたらいいかわからないときは、ポイントを押さえながら筋トレを行うことが大切です。たとえば球の速度をアップさせたいなら、ハムストリング、大臀筋(だいでんきん)、中臀筋(ちゅうでんきん)を強くするようにしてください。ハムストリングスが強くなると、ステップから着地させた足を、プレート側にプルバックさせられるので、体幹の回転や腕の振りが鋭くなります...

肩を強くするにはどんな筋肉トレーニングをすればよいのか?投球という行為は、ピッチャーとキャッチャーだけではなく、すべての野球ポジションにかかわることです。個々のサイトを見ている方はお分かりだと思いますが、強肩というのはそれだけで魅力です。単純に投手として速い球が投げられるだけではなく、どのポジションでも力を発揮できる基礎能力です。それでは、強肩の選手になるにはどういったトレーニングをすればよいので...

ピッチャーに限らず、野球全般に言えることですが、柔軟性というのは非常に大切です。その中でも、ピッチーは球速とコントロールアップする為に筋力と共に柔軟性が大事です。ピッチャーが投げる姿は見栄えがする為、新聞などで写真が?載されますが、特に注目してもらいたいのがボールを投げ出す直前です。腕が異常に後ろにそっている事に気づくと思いますが、わざと自分で腕を後ろ側にやっているのではなく、人間の筋肉にはゴムの...

野球を部活や趣味として行っている方、少年でも社会人でも本格的に活動をしている方の中でピッチャーをしているけれど、筋トレをしてレベルアップしたいという方は沢山います。ピッチャーは腕や肩の能力が重要視されることが多々ありますが、体幹の強さが、下半身の力を上半身に伝える大きなポイントとなります。普段のトレーニングでは、投げ込みを行って方を鍛えるトレーニング、コントロールを養うトレーニングなどを行っている...

最近、特にピッチャーは肩のインターマッスルを鍛えることが重要視されるようになりました。。人の肩はオーバースローでボールを投げる様にできておらず、オーバースローで投げようとするには多くの筋肉に負担をかける動作になります。下半身から上半身へ体重が移動をし、背筋から肩を通じて、ボールを投げる腕や手に力を伝えているのです。全身をくまなく鍛える必要があるのは当然ですが、その中でも特に重要となるのが、肩のイン...

ピッチャーにとって、生命線となるのが球速です。例えばプロ野球の投手であれば、平均球速として140km/h近くは投げられないと、活躍するのは難しいです。中には、球のキレやコントロールで勝負するタイプもおります。例えば、現ヤクルトスワローズの成瀬投手や、日本ハムファイターズの武田勝投手などは、ストレートは130km/hほどです。それでも打者を抑えられたのは、球のキレやコントロール、そして独自の投球フォ...

「ストレート」をズバンと投げ込み空振りをビシバシ取り、三振の山を築いていくピッチャーには、小学生でも草野球でもたとえプロ野球でも、どんな投手でも憧れます。これが毎試合できればスターですよね。短期間で球速を上げるにはどうすればよいのでしょうか。その答えは端的に言えば「全身を使って投げる」ということに尽きます。簡単そうで出来ていない「全身を使った投球」「全身を使った投球」で球速を上げると聞いて、そんな...