筋肉トレお悩み解決コーナー記事一覧

野球にも役立つ筋トレですが、カッコいい体つきにもなりたいのは男の子だったみんな思っていますよね!昔はよかったのに、今はお腹が出てしまっているオジサンでもそう思います!!この、ページは野球の筋力トレーニングが主ですが、筋肉をつけてかっこよくなる方法も解説していきます。テレビで見るアスリートなど筋肉もモリモリででカッコいい体つきのひとがよく出ていますが、実は筋肉はそう簡単につくものではありません。あの...

皆さん、サイクルトレーニングって知ってますか?多分、筋トレの経験が浅い人は、壁にぶつかっていないので未体験だと思いますが、以前書いた 停滞期と思っていただければ分かりやすいです。ダイエットでもストンと体重が落ちる時期と、何も食べなくても体重が減らない時期ってありますよね!筋トレでの停滞期とは?トレーニングをある程度していくと、かからずそれ以上伸びない時期がやつて来ます。一生懸命やっているのにと、も...

野球で筋トレをしていると避けて通れない筋肉痛ですが、20代まではトレーニングをした翌日あたり、30代の半ば以降は、トレーニング後2日たってから発生する筋肉の疼痛です。実は筋肉痛みは、筋肉の中の疲労物質の乳酸が筋肉内に出来るために痛みがでるというのが通説でしたが、科学的にも完全には解明されていません。そのその中で現在分かっているベストの方法を探していきます。筋肉痛がないとトレーニングした意味がないの...

EMSの効果は?この数年、EMS(Electrical Muscle Stimulation)が家ににあるという家庭は増えてきているのではないでしょうか?一口に、EMSと言っても、ダイエット目的の簡易なものから、数十万円の本格的ものまでたくさんありますが、基本的な原理は全く同じで、色々な運動プログラムが付いているとか、身体の色々な部分に装着しやすいかが主な違いだと思います。ほとんどの、EMSが何も...

毎週決められたトレーニングをまじめにこなしているのに急に、上がるウエイト増えなくなった!できる回数が一定以上に増えなくなることは、トレーニングをしているとよくあることです。もちろん、外見の筋肉も増えることがなく、逸しよう懸命トレーニングをしている野球選手のモチベーションは一気に下降していき、最悪の場合はトレーニングを中止してしまうこともあります。停滞期に入る原因はいくつか考えられます初心者でトレー...

野球もオフシーズンに入り、本格的なトレーニングをするシーズンになりました。大きな試合も春まではないので、これから春まではしっかり筋力トレーニングに励み来シーズンにはパワーアップした野球選手に生まれ変わってください。筋トレを初めて、一番初めに疑問がわくのがどの位で筋トレの効果が出て筋肉が付くのだろうという事ですが、幾つかのステージがありますので解説していきたいと思います。まず、筋トレの効果はすべての...

野球をしている人は、よく筋肉を付けると柔軟性が落ちるのであまりやらない方が良いといわれた経験はありませんか?筋トレは本当に柔軟性が落ちるのか例を出していきたいと思います。筋力トレーニングを定期的にしている人はすでに気が付いているかと思いますが、筋トレというのは筋肉を収縮させるをけですので、トレーニングをした後は逆に血液がよく流れ、トレーニング直後は何もしない時よりは柔軟性が増しているのが実感出来て...

以前から言われている筋トレと身長アップの関係です。皆さんでも話題になるのではないでしょうか?男の子は中学生から高校生にかけてが、身長が最も伸びる時期なのですが、その時期に筋トレをすることが身長の伸びを制限することになるのでしょうか?まずは、トレーニングをすることのプラスの要素からトレーニング行えば、普段より多くの成長ホルモンが分泌されることはわかっています、ということは筋トレすること=身長を伸ばす...

野球のトレーニング方法の一つは筋トレです。昔は腕立てや腹筋、その他の方法によって鍛える野が一般的でしたが、近年はトレーニングジムでマシン、フリーウエイトを使ったトレーニングも導入されて、上手に鍛える事によって走る速さが早くなったり、球速が早くなったりするなどの効果が期待出来ます。ただ、鍛えれば必ず結果がついてくる、鍛えれば鍛える程良いと考えてオーバートレーニングをしてしまう人も中に入ますが、実際に...

そもそも野球肘はどういうメカニズムで引き起こされるかご存知でしょうか。いくつなの症状と原因がありますが、その中で離断性骨軟骨炎という病名があります。これは関節内の骨がかけることでそれが炎症を引き起こし、運動障害を招くとされ、多くのプロ野球選手がこの症状に苦しみ、毎年のように手術する人が出ています。主な原因は投球数過多による肘への負担、そして、カーブなどの変化球を投げる際に腕をひねりながら投げる動作...

野球での筋力トレーニングの重要性はわかっていても、ジムには幾時間もないし自宅にはダンベル、バーベルもないけれど、筋トレはしたい。。。こんな場合でも、工夫次第である程度までは自重トレーニングで筋肉を付けることができます。特に中学生まではフリーウエイトでなく、自重トレーニングでしっかり追い込む訓練ををした方が有効だと思います。こんな場合でも、工夫次第である程度までは自重トレーニングで筋肉を付けることが...

超回復とは?超回復とは適切な筋力トレトレーニングを行うことによって、筋繊維を細胞レベルで壊していき、それが修復される時に以前の筋肉より大きな筋肉となることの事です。@疲労・ダメージ筋トレによる疲労、筋力トレーニングによる筋細胞へのダメージA回復・リカバリー疲労物質の除去、筋繊維の修復B超回復以前の状態よりも上回った状態。一般的にこれは24〜28時間で起こるといわれています。確かに、長い目で見ると筋...

ファンクショナルトレーニングとは定義がむずかしいのですが、筋力トレーニングのように限られた筋肉を使うのではなく、体幹の筋肉とバランス感覚を同時に刺激するものが多いトレーニングです。言い換えると肘から膝までをすべて含んだ運動ですので筋トレのマシントレーニングなどのは単関節トレーニングが多いので、ファンクショナルトレーニングとは言いません。逆に、バーベルを使うスクワットやデッドリフト、クリーンやスナッ...

ファンクショナルトレーニングという言葉をご存知でしょうか。ファンクショナルとは「機能的な」という意味です。つまり、普通のトレーニングと比べてより機能的なトレーニングを行い、動ける体を作るという目的で行うもののことなのです。それを行う上で、理解しておかなければならない、いくつかの要素が存在しています。一体どんなものなのか、詳しく見ていきましょう。野球ではあまり言われてきませんでしたが、現在行っている...

肩甲骨の役目は肩関節を柔軟に動かすためにあり、肩甲骨周りの筋肉は肩甲骨を支持するためにあるのですが、そこの筋肉が緩んでいなければ肩甲骨の動き、しいては肩関節の動きまで制限を受けてしまいます。また、肩こりなどの原因にもなります。バッテイングにも関係!肩甲骨周りが柔らかくなると、肩が前に出やすく猫背気味になります、すると派環が下の方を向きやすくなり、肩の可動域卯を制限してしまうそうです。またその姿勢は...

10年ほど前から5年くらい前まで人気だった加圧トレーニングは今はどこに行ったのでしょうか?野球少年の間でも10年前辺りは、加圧トレーニングに人気が最高潮で加圧トレーニングジム「OZ」 の馬込店などで元プロ野球選手が加圧トレーニングを取り得れたトレーニングを行っていました。しかし、当時の加圧ベルトはとても高価なものでアリ、ベルトだけで上半身と下半身を合わせると10万以上するとても高価なもので、公認の...