「打つ」力を強化する筋トレの方

 

野球で投手の速い球に対応するには様々な要素が必要になってきます

 

まず動体視力の良さがあげられます。速い速球を持つピッチャーの球を打つには対応できなければ打てません。

 

動体視力の良くするトレーニングを行うことで球筋を見極めることができます。日頃から動くているものに対して反応することで対応力アップにつながるのです。動体視力を上げることができたら次はスイング力のアップが必要になってきます。

 

 

スイングが速ければ打てるボールも格段に増えることになります

 

野球の投手の球に対応するにはスイングのスピードがとても重要になってきます。

 

バットを多く振ることでもスピードは上がります。さらに工夫した練習としていつもの位置よりも前から投げてもらうことでスピードも上がり当たる確率も増えます。

 

またスイングスピードを維持するためには腕周辺の筋トレだけでなく体全体の強化が必要です。
実際、腕の力だけでは腕に頼った打ち方ではスイングススピードがそれほど上がらず、ヒットやホームランを多く打つことができません。

 

上半身を鍛えるにはジムに行けない人は、負荷を高めた腕立て腹筋、背筋をバランス良く筋トレすることが重要です。ジムに行って自己流のトレーニングで特定の部位だけを鍛えるとバランスも悪くなってしまいます。

 

そこで、もしジムにける時間がある人はこのサイトを参考にしてください。

 

ジムでチャレンジして欲しい野球向け筋トレ!

 

バッテイングで良いときに当たる芯の部分はほんのわずかなので力で打つことよりも様々な練習のなかで自分のコツをつかむことも必要になってきます。

 

プロ野球の選手でも最近では筋トレを多くするようになり上半身が発達している野球選手も見受けられます。ただ上半身だけでなくバッティングは下半身の筋肉もとても重要になっています。

 

 

そのためにもジムでのトレーニングと走り込みも必要です。走ることで下半身を安定させると筋トレで鍛えた上半身の筋肉とバランスも良くなります。そのためジムなので筋トレするときも上半身の様々な部位を短時間でもすこしずつ満遍なくバランスよく鍛えることが重要です。

 

ホームランバッターでも飛びぬけて腕の力が強いことはなくバランスの良い体の選手が多いことから強化もバランスを考えることが重要です。

 

 


関連ページ

バッターの飛距離を伸ばすトレーニングは?
野球を真剣にプレーしている野球少年、野球愛好家の大人のためのページです。バッターのパワーをつけ、飛距離を伸ばすためのトレーニング方法の項目です。
バッテイングに有効な筋トレは?
野球を真剣にプレーしている野球少年、野球愛好家の大人のためのページです。打者に必要な筋肉はどんな筋肉ででしょう?バッター向けの筋力トレーニングを紹介していきます。
バッターの為の筋トレ
野球を真剣にプレーしている野球少年、バッターの為の筋力トレーニングをまとめてみました。まだ、トレーニングになじんでいない野球少年たちの体をバッテイングを向上させながら作っていきます。
初心者のための打撃専用トレーニング
野球を真剣にプレーしている野球少年、野球愛好家の大人のためのページです。このカテゴリーは初心者のバッテイングを良くするための筋力トレーニングのページです。
スイングスピードを上げる為のトレーニングは?
野球を真剣にプレーしている野球少年、野球愛好家の大人のためのページです。ここはスイングスピードを増すためにはどんなトレーニングをすべきなのか項になります。