バッターの飛距離を伸ばすトレーニングは?

野球を楽しむ人にとって、やはり大きな目標の1つがホームランを打つことでしょう。

 

しかしながら、ホームランは簡単に誰もが打てるようなものではありません。技術的な部分は当然必要となりますが、やはり飛距離を伸ばすためにはそれなりの筋力が必要となります。

 

 

 

ホームランは天性の才能がなければ打てないと言う人もいますが、非力な人でも筋力トレーニングをしっかりと行うことによってホームランが打てるような力が身に付きます。

 

筋トレを長く続けることによって、長距離バッターになることができるのです。まず、野球でホームランを打つために必要な筋力の1つが下半身の力です。

 

下半身の強化は必須項目であり、そのためにはバーベルスクワット等の筋トレを行う必要があります。

 

バットがボールにミートした瞬間にかかる力に対して踏ん張り跳ね返す力を身に付けましょう。

 

バーベルスクワット一概に言っても、足の幅、曲げる深さ、などで鍛えられる筋肉の部位がずいぶん違うのでそのあたりは、専門のトレーナーとの相談が必要ですが、一般的には下半身の後ろの部分(ハムストリング、大殿筋等)が特に大切であると言われています。

 

下半身が安定することによって、タイミングも取りやすくなる場合があります。大きく足を上げてタイミングを取るタイプの人であればなおさら下半身の力が必要です。

 

プロ野球選手を見ればわかるように、長距離バッターで足が細い人はほとんどいないと言えるでしょう。どっしりとした体の軸を作らなければなりません。

 

また、当然上半身の筋力も必要となります。ボールを遠くに飛ばすために大切な筋肉の1つが背筋です。

 

背筋を筋トレで鍛えるのは意外と難しいのですが、もし、バーベルを使えるのでしたらデッドリフトなどがベストだと思います。

 

 

マシンの場合はラットプルダウン、シーテッドローイングなど、もし何もないところで行うのでしたら、懸垂が一番良い種目ですね。

 

 

正しい方法でトレーニングを行い食生活に気を付ければしっかりと筋肉がつきます。

 

ジムのなどで筋トレを行う場合は、インストラクターのレクチャーを受けながら行うのが良いでしょう。

 

また、家でもできるトレーニングの1つとして手首の力をつけるということが挙げられます。特に、反対方向に流し打ちで長打を打ちたい場合などは手首にかかる負担も大きくなります。お風呂の中でタオルを握って、手首を固定した状態で仰ぐように動かすだけで効果が得られます。地道に長く続けられる簡単な筋トレの1つですのでぜひ実践してみましょう。

 

また、このようなトレーニング用品もあります。ちょっと原始的なのですがこれが、私的には一番モチベーションが高いトレーニングですね。

 

 

 


関連ページ

バッテイングに有効な筋トレは?
野球を真剣にプレーしている野球少年、野球愛好家の大人のためのページです。打者に必要な筋肉はどんな筋肉ででしょう?バッター向けの筋力トレーニングを紹介していきます。
打力アップの筋力トレーニング
野球を真剣にプレーしている野球少年のバッテイングにプラスになる筋トレを紹介していきます。 野球はポジションによって要求される筋力が微妙に変わってきます。
バッターの為の筋トレ
野球を真剣にプレーしている野球少年、バッターの為の筋力トレーニングをまとめてみました。まだ、トレーニングになじんでいない野球少年たちの体をバッテイングを向上させながら作っていきます。
初心者のための打撃専用トレーニング
野球を真剣にプレーしている野球少年、野球愛好家の大人のためのページです。このカテゴリーは初心者のバッテイングを良くするための筋力トレーニングのページです。
スイングスピードを上げる為のトレーニングは?
野球を真剣にプレーしている野球少年、野球愛好家の大人のためのページです。ここはスイングスピードを増すためにはどんなトレーニングをすべきなのか項になります。