シーズンが終わったらすぐしないと間に合わない筋力トレーニング!

 

学童野球はまだまだ試合がたくさんあると思いますが、中学3年生とか高校野球はそろそろ完全なオフシーズンに入っていきます。
その間、のトレーニングですが本気で筋トレをするなら、幾つかの期間にわけてオフシーズンのトレーニングをすべきです。

 

4つの期間にわけると、意外とオフシーズンは短いですね!
 

 

  1筋肉を付ける時期、筋トレは週に4回 11月末〜
   2付けた筋肉を有効的に使う神経系の練習週4回の筋トレ 12月末〜
   3付けた筋肉を生かすように野球うの練習に重きを置いくので筋トレは週2回程度。1月〜
   4野球の練習が主で、筋トレは週に1回程度にする。2月〜

 

1月末には2まで、終わらして、2月に入ったら野球の練習を主にした方が良いと思います。

 

 

 

初めは筋肉を付けるための第一段階のトレーニングですのトレーニングですが、身体を3分割して筋肥大のトレーニングを行っていきましょう。 

 

筋肉を付ける時期のトレーニング方法
トレーニングは最低週3回はやりましょう。
分割の仕方ですが、   1.上半身表側  2.上半身裏側      3.下半身
              1.胸、肩     2 腹筋、背中     3.下半身
こんな感じで分割してください。

 

1か所、1種目で構いませんが、 アップ1〜2セット、ぎりぎりで10回できる重さで3セット、最後に軽くして全力を使い切るように1〜2セット、合計6セットくらいが理想です。

 

初心者の場合、ぎりぎり10回できる重さですと、筋力を使い切るトレーニングができていないので負担が少なすぎるので、やっと12回くらいのが良いと思います。

 

 

 

 


関連ページ

高校、大学の野球選手の冬場の筋トレは?
野球を真剣にプレーしている野球少年、それを支えている人のサイトです。11月を過ぎると来年の春まで試合は少なくなり、オフシーズンのトレーニングの期間に入ります、この間どのように過ごして、トレーニングをすればよいのでしょう!
オフシーズンのトレーニングはなぜ大切か?
野球を真剣にプレーしている野球少年、それを支えている人のサイトです。これからのシーズンは来年にくけてのトレーニングが多くなると思いますが、どのような心構えで、過ごしたらいいか、基本的なことを説明していきます。
冬に必要な効果的な野球のトレーニングは何か?
野球を真剣にプレーしている野球少年、それを支えている人のサイトです。ここではオフシーズン、冬の間には野球選手はどのようなトレーニングをして来年を迎えればよいかの説明です